オーディオ解体新書>サンスイ CD-α717DR

 

サンスイ CD-α717DR

2006年3月9日 更新

  価格(税別) 発売年
CD-α707 79800 1986
CD-α707i 89800 1987
CD-α717 EXTRA 89800 1988
CD-α717D EXTRA 89800 1989
CD-α717D LTD 99800 1992
CD-α717DR 108000
参考
CD-α917XR 160000 1993


下のアンプは ONKYO A-919

松下製MASH方式1ビットを採用したCDである。CD-α717EXRTAから、どの程度の音質の進歩があるのかが注目。センタートレイ方式となり、あっさりとしたデザインになった。


外観はブラックのほかにシルバーも発売された。


10キーつき
ディスクトレイはサンスイ独特の薄型


デジタルアウト
光と同軸の切り替え式
OFFにも出来る


電源コードは 丸型キャブタイヤ
交換は出来ない


出力はRCAとバランスの2系統
リモコンで音量を可変できる
バランス出力端子はノイトリック社製が使用されている


サイドウッドパネルはMDF製
裏側にはブチルゴムが貼り付けてあった。
純正の仕様なのか、前オーナーによる加工かは不明。


天板
よくあるコの字状のもの
中央には銅板が貼り付けてある。
貼り付け方が今ひとつ中途半端なので、前オーナーによる加工かもしれない。


脚はモールド(プラスチック)で軽量
白いシートを介して取り付け


底板はスチール製で少し薄め
たたくと鳴く


左に見えるLSIが、YAMAHA製のDigital Signal ProcessorのYM7402

 


こちらが松下製 MN6474M MASH1ビット式DAコンバーター
CD-α717EXTRAに使用されていたMN6471Mの改良版で、MASHとしては第3世代のチップである。ノイズシェイピングは3次 768倍である。左右独立で使用している。

1チップで4CHのアナログ出力を持っている。

PWM 本家MASH
(松下)
品番  
1世代 MN6623B 3次 768倍
2世代 MN6471 3次 768倍
3世代 MN6472 3次 512倍
3世代 MN6474 3次 768倍
3世代 MN64730+MN6472 3次 768倍
パルスDAコンバーター(SONY) 1世代 CXD2552 3次 1024倍
2世代 CXD2562 アドバンズドパルスDAコンバーター
3世代 CXA8042AS カレントパルスDAコンバーター
PDM ビットストリーム
(フィリップス)
1世代 SAA7320 2次 256倍
2世代 SAA7321 2次 256倍
3世代 SAA7350
3次 256/384倍
TDA1547とペアでDAC7
4世代 SAA1457 256/384倍
ノイズシェーパー
外付け
その他 独立PDM
(ヤマハ)
YAC501 2次 384倍
パルスフロー
(パイオニア)
PD2028A 2次 384倍
ゼロシフト・ノイズシェーパー方式
(日本プレシジョンサーキッツ)
SM5860

3次 384/512/768倍

SM5861

3次 384/768倍
4次Σ剳式(DDコンバーター;ビクター) JCE4302A

4次 384倍

5次Σ剳式(旭化成マイクロシステム) AK4303 5次 256/384倍
AK4328 5次 256/384倍
その他 ハイブリッド PCM67
PCM69A
(バーブラウン)
上位10ビットはマルチビット
下位8ビットは1ビット方式

上記の表は、1990年代の状態で、その後のことは私も良く存じませんが、MASHはHI-FI路線を放棄して、コントロール系機能も内蔵したオールIN ONE チップとして、低価格機への採用を目指して変化して行ったようです。色々な1ビットDACがありましたが、オーディオ市場の衰退に伴い、殆どの方式が途絶しています。


アナログ回路は左手側、デジタル回路は右手側に設置されている。


トンランス
デジタル・アナログ独立である。


黒いコンデンサー はニチコンのネガティブブラックコンデンサーで50V 3900μFが2本。これはオーディオ用電源として使用されている。その横の茶色のコンデンサーはエルナー社のシルミックコンデンサー。それぞれに整流回路を持っており、この写真の範囲だけでアナログ1系統、デジタル2系統の電源を構成している。


デジタル部分の全景
写真右上にも電源回路がある。おそらく表示系や操作系の電源回路だろう。MUSEとシルミックが使用されている。


デジタル系の後方にある電源回路
レギュレターのヒートシンクは銅メッキビスで固定されている。


デジタル出力回路
おなじみの東芝製74HC00APが使用されている。
写真やや左下には、ノイズフィルター用と思われる小さなトロイダルトランスが見える。


中央にあるのが SONY製の制御チップ
品番は失念・・・
右端の直立基盤はピックアップのサーボ系の基盤

全体として集積が進んでおらず、717EXTRAと比較しても、そう極端に部品点数が減っている印象はない。

 


アナログ回路全景


フロントパネル側に直立基盤がある
東芝製の74HC164APとか74HC157AP、74HC002APとかがずらり並んでいる。
何の処理をしているのだろうか?


スラリ8本並んだシルミックコンデンサーの足元にMASH DAコンバーターがある
ただし基盤の裏なので、ここでは見えない。


アナログ回路の本体

 


リケンのカーボン皮膜抵抗が沢山使用されている。


こちらは後方にあるオーディオ用の電源回路(基盤上)
大小さまざまなシルミックコンデンサーに混じって U-CON社製のフィルムコンデンサーも使用されている。


オーディオ基盤の一番後ろには、ヘッドホン用のアンプ回路もある。


RCA出力端子裏
樹脂で固めてある。これも前オーナーかな・・・


ドライブ部分
黒いブチルゴムの小片が貼られているが、これは純正での仕様のようだ。外観ではCD-α717EXTRAのドライブ部分と区別が付かない。


液晶ポリマーが使用されている


ドライブの裏側
リニアモーターのコイルが見える。
中央のモーターがディスクを回転させるモーター
ちょっと10万円のCDプレーヤーには相応しくないような気もします。軸も細いし、モーターの固定方法ももう少し何とかしてほしいものです。後部のプーリー&モーターは、トレイの出し入れ時にピックアップ部分を上げ下げさせるもの。その上のゴム状の黒いものは、トレイを出し入れするモーターである。


ドライブ部分を取り除いてみた
ドライブ部分は、真鍮製の6本の柱でシャシーに固定されている。
ピックアップの真下に相当する部分には、レーザーの乱反射を防止するための黒いシートが貼ってあった。


薄型のトレイ


はめ込んであるだけなので、少し持ち上げると簡単に抜くことが出来る。
なんでここまで分解したかというと、この717DRはトレイが出なかったのです。
完動品ということで入手しましたが、到着して動作確認したところ、トレイが微動だにせず・・・・
仕方なく分解修理をしているわけです。
このあたりは不注意に触ると、簡単に壊れてしますので、実は分解するのは本意ではありません。


写真右手のプーリーとモーターの間のゴムベルトが断裂していました。
直径は約4センチです。


断裂していたゴムベルト
このCDには運送用のピックアップ固定スイッチがあるのですが、しっかり<FREE>の位置で運搬されてきました。幸いピックアップには問題ありませんでした。


とりあえず手持ちの輪ゴムとビニルテープで補修


音はけっこうゆったり系です。
CD-α717EXTRAと比較試聴しました。

その結果はこちらを参照ください

オーディオ解体新書>サンスイ CD-α717DR